HOME>特集>保険の加入を義務化する自治体も増えている

本人の怪我にも対応

自動車やバイクの運転にはリスクがあることもあり、自賠責保険だけではなく任意保険にも加入している人は多くなっています。そして、身近な乗り物である自転車は少し前までは保険に加入する人はそれほど多くありませんでした。最近は、自転車の事故でも多額の賠償金が発生する事例も増えていますので、安全運転を心掛けることはもちろん、もしもに備えて自転車保険に加入することも考えてみましょう。最近では加入を義務付ける自治体も増えているなど注目が高まる保険です。自転車保険は相手への賠償はもちろん、本人の怪我にも対応できる保険です。掛け金も月額数百円程度で加入できるものも多く、それでいて手厚い補償が用意されています。

保険を比較する

自転車保険に加入しておくと、もしも自分が加害者になった場合も被害者になった場合にも落ち着いて対応することができます。加入はWEBからでも手軽に行えます。補償内容は保険会社ごとに違いがありますので、じっくりと比較して最適な保険を選んでいきましょう。

重複加入に注意する

自転車保険に加入しておくとより安心して自転車を利用できるようになりますが、重複加入にも注意が必要です。すでに自動車保険や火災保険に加入している場合は、その特約として付帯している可能性があります。加入前には現在加入している保険の内容も調べておくことがおすすめです。

広告募集中